スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しばらくご無沙汰しました。
今日は残念なニュースです。
というのは 生田スタジオ所長だった内田有作さんが亡くなった事です。
七月のイベントの時は会場まで来られて、挨拶をする位の元気さがあったのに。

私は彼とは50年以上の付き合いでした。
東京撮影所の制作部時代、制作主任だった彼の助手を何本もやりましたが、
特に印象に残っているのは、高倉健さん主役の「暴力街」、三國連太郎さん主役の「無法松の一生」、「飢餓海峡」です。
特に「飢餓海峡」では東京オリンピックを北海道函館で見た事です。
(天気が良くて 台風の場面が撮影出来ずに、ずっーと旅館で待機していたからです。)

この映画、予算はオーバー、映画の長さが予定より長くて、カットする、しないで監督と会社が揉めました。
監督は内田 吐夢、有作さんの父親です。
で、この映画以後は東京制作所というテレビ映画を作る会社に異動されたのです。
そして、「仮面ライダー」の制作があったのです。
もし彼が居なかったら私は参加していなかったでしょう。

お葬式などは内々で執り行うとのことなので、来年の一月か二月にお別れ会をやるつもりです。

コメント

合掌

「テレビマガジン70's」のインタビューで「私はかつて生田に千年王国を作ろうとした。そして果たせなかった」と語っておられた内田所長が
後の仮面ライダーSPIRITSのインタビューで「新たに心の生田千年王国が始まった」と近年のファン活動の盛り上がりを喜んでおられたのが印象深いです。

仮面ライダーをはじめとするヒーローファンの一人として、内田所長の夢見た千年王国を心から消さぬよう
これからもヒーローを応援し、ヒーローに恥じない生き方をしていきたいと思います。

ご逝去を悼み、お悔やみ申し上げます。

内田所長に感謝です‥。

イベント後の書き込み以来になります、北海道の黒装束です。この度の訃報に胸を締め付けられる思いでいます。

実は周囲に残念なことがあったと、御名前こそ出ませんでしたが自分にも伝わりまして「まさか‥」と阿部先生のブログを拝見した次第です。内田所長の御容態についてはきっと御存じでおられるはずと…


できることなら阿部先生にもした様に、直接御礼を申し上げたかった。僕は貴方が世に送り出したヒーロー達を通してたくさんの事を学びました、夢を見せて戴きました。貴方の描いた“ガキのための千年王国”は僕等の心の中に確かに芽吹いて、ずっと育まれてきたと思います。

その証拠に今も尚、貴方のヒーロー達はTVに、スクリーンに所狭しと活躍しているのですから‐と。


あの矍鑠たる御姿、病の影すら感じさせぬ覇気のある御口上に、ただただ圧倒されたイベントでの自身を思い出します。明後日にはライダー映画の新作公開を控えていただけに、切なさ募るばかりです…

イベントで所長がライダー諸氏に託した願いが今後、何らかの形で成就することをこころから願わずにはいられません。


今夜は部屋にあるライダーのBlu-rayやDVDを観ながらせめてもの喪に服します。

残念です

7月の仮面ライダー40周年記念イベントに参加したものです

スカイプで病室からいろいろな話をされていたのを大変印象深く覚えています
仮面ライダーの映画を藤岡弘監督で撮りたいと言っていたお姿は決して忘れません

ご冥福をお祈りします

とてもショックです

7月イベントに参加した者です 

あの日 車椅子の内田所長がいらっしゃったのがまだ記憶に新しいままなので 信じられない気持ちでいっぱいです 
ご冥福を心よりお祈りします
非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。