スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お知らせがあります

本日は皆様にお知らせがあります。

父 阿部征司ですが、12月29日(土) AM9:50 東京都内の病院にて息を引き取りました。
病名は拡張型心筋症とのことです。

10月に通院していました病院での定期健診の際、胸部レントゲンをとりまして、その時に肺に影があるのを担当のお医者様が見つけてくださいました。心室頻拍の持病がありましたので、肺の機能が衰えて、心臓に負担がかかり不整脈が多発すると大変なので、入院を勧められ、入院することに
その後、呼吸器科がある病院に転院したほうが良いとのことになり、10月末に病院を移りました。

呼吸器科のお医者様の見立ては、間質性肺炎。
通常であれば、肺に内視鏡を入れて、検査をするのですが、父の場合、血中酸素が低く、検査をすると命にかかわるので、検査できず、ですので、考えられる可能な限りの治療をしてもらい、肺の影も薄くなり、今月末、12月29日に退院することが決まっておりました。

が、当日の朝、急変したので病院に来て欲しいと電話があり、母と妹夫婦、私がかけつけた時には人工呼吸器がついており、会話は勿論、目と目が合うこともなく、最期は、家族に見守られて、天国に旅立ちました。

退院には2種類あるそうです。
生きて病院を出る退院と、亡くなって病院を去る退院。
父は後者の退院で、今は自宅でゆっくり眠っております。

年が明けたら最寄の駅の近くのリハビリの病院に通い、杖をついて歩けるようになりたいというのが本人の希望でした。
このような結果になり、本当に残念です。
なんでこんなことになってしまったんだろう・・・。

1階に降りれば、父が普通に寝ているので、亡くなったという実感は強く感じないのですが、
それでもよくよく考えると死んじゃったんだなと思い悲しい気持ちになります。

今回の入院では毎日来て欲しいと言っていました。
本人の中で何か思うことがあったのかもしれません。

最後になりますが、葬儀に関してですが、
生前、父の知り合いが亡くなった際、家族葬にしたという話を聞き、「家族葬いいな~それ」と申しておりましたので、
年明け5日に親族のみで家族葬を執り行いたいと思います。
誠に勝手ではありますが、ご理解くださいますよう、お願い申し上げます。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。